【FIRE戦略】インデックス投資の出口戦略「4%ルール」とは?

FIRE達成に向けて、インデックス投資の出口戦略「4%ルール」について解説します。

先に結論を述べておくと、

資産を運用しながら、資産の4%を毎年売却しても資産がなくならない

というルールです。

 

この記事でわかること

・「4%ルール」とは何か

・形成した資産の取り崩し方

・定額法と定率法の違い

 

読んでほしい人

・「4%ルール」ついてくわしく知りたい人

・インデックス投資で積み立てた資産をどのように取り崩していくのかよいかを知りたい人

・FIRE達成後の生活のシミュレーションが知りたい人

 

 

「4%ルール」とは?

FIRE達成に向けての戦略として「4%ルール」というものがあります。

別名「トリニティ・スタディ」とも言われ、

アメリカ、テキサス州にあるトリニティ大学の3人の教授が研究したものです。

1926年~1995年までのアメリカの相場を研究して、1998年に発表されました。

 

どんな研究かというと

株と債券の割合が何%のときに、

資産の何%のお金を引き出せば、

何年間お金が無くならないのか

これらをシミュレーションしたときに、成功する確率を表した研究になります。

 

前提条件として、

・株式は米国の代表的な株価指数「S&P500」、債券は格付けの高い優良債券

で構成されているものとします。

・物価のインフレ率は考慮されている

 

実際に図を見てみましょう。

(出典:Safe withdrawal rates – Bogleheadsより引用)

 

例えば、リタイア時に株式75%と債券25%を持っていて、毎年資産の4%を引き出したとしても30年後に資産が残っている確率が98%ということです。

さらに、株式50%と債券50%を持っている場合は、30年後に資産が残っている確率は95%です。

 

30年間で資産がなくなることはほぼないと言ってもよさそうですね。

それだけではありません。

このトリニティ・スタディには平均値(Average)、最小値(Minimum)、中央値(Median)、最大値(Maximum)も計算されています。

(出典:Retirement Savings: Choosing a Withdrawal Rate That Is Sustainableより引用)

 

これによると、株式75%、債券25%を持っていて、毎年資産の4%を引き出したとき、1000ドルだった資産が30年後には平均値で9031ドル、中央値でも8515ドルになるとのことです。

最小値でさえ1497ドルと約1.5倍になっています。

最大値にいたっては16893ドルという信じがたい結果です。

 

使っているのに増えていくなんてとんでもないことですね。

 

しかし、人生100年時代。

「上記のシミュレーションだと30年ってことはFIREをした人にとっては短すぎじゃない?もっと長い時期のシミュレーションはないの?」

 

・・・ってなりますよね?

それがあるんです。

 

Early Retirement Nowというサイトに60年間にわたってシミュレーションした研究があります。

1871年~2015年という非常に長い期間においての研究で、

株式はS&P500、債券はアメリカ国債を用いています。

 

(出典:The Ultimate Guide to Safe Withdrawal Rates – Part 1: Introduction
(Early Retirement Now)
より引用)

 

これによると、リタイア時に株式75%と債券25%を持っている場合、50年後に資産が残っている確率は88%、60年後に残っている確率は85%となります。

85%だと早期退職に踏み切るには少し不安が残りますよね。

 

成功確率を高める方法

そこで、成功確率を上げるためにはどうすればよいかということですが、

資産を取り崩すときに、定率法で取り崩していくということです。

そもそも取り崩しには定額法と定率法の2つがあります。

具体的に解説します。

 

2つの出口戦略について

・定額法とは?

貯めた資産の一定額を毎年取り崩していく方法です。

例えば、株式と債券による資産を6000万円貯めてFIREしたとしたら、その4%にあたる240万円を毎年取り崩していく方法です。

 

・定率法とは?

資産の変動を考慮しながら、資産の評価額から定率で毎年取り崩していく方法です。

例えば、資産の評価額が6000万円のときにはその4%にあたる240万円を取り崩しますが、仮に株価が暴落して資産が5000万円になってしまったときには、4%の200万円を取り崩していく方法です。

 

定率法を用いることで資産が長持ちます。

それぞれにメリット・デメリットが存在するので、どれが正しい選択かということは人によって異なります。

自分の経済状況や好みに合わせて、適切な方を選択していきましょう。

 

シミュレーション

最後にFIREを達成するためのシミュレーションですが、

月々の支出が仮に30万円であれば、年間で360万円。

つまり、4%ルールを使うには9000万円が必要ということになります。

 

気が遠くなるような数字ですが、地道に目指していきたいと思います。

 

それでは、また!