目指すべきはどれ? 4つのFIREの種類とは

こんにちは!ドラゴンです!

最近、日本でもよく聞くようになってきたFIRE。

近々ブーム到来の予感がしています。

FIREしたいけど、十分な資産が貯まらないよー

本当に1億円もの資産が必要なの?

そんな疑問や不安にお答えします。

この記事でわかること
  • 4つのFIREの種類について
読んでほしい人
  • FIREの種類についてくわしく知りたい人
  • セミリタイアを目指している人

FIREには4つの種類がある

一般的にFIREというと、「経済的自立による早期退職」のことを指します。

株や債券などの資産からの所得が月々の支出を上回ったら、

FIREが達成できるとお伝えしました。

「4%ルール」を考えると、年間支出の25倍の資産があれば、

FIREできると言われています。

FIREについてくわしく知りたい方はこちら

FIRE(経済的自由)という生き方について

そんなFIREですが、資産所得のみで月の支出をまかなおうとすると

資産そのものを増やすか、支出を切り詰めるかしかありません。

FIRE達成そのものを目的とするのではなく、

その先の豊かな生活を手に入れて人生を楽しむことを目的としたいものです。

そこで、豊かな生活を手に入れるために、

自分の価値観に合ったFIREの形を目指して欲しいです。

それでは4つのFIREの種類について解説します。

FIREの種類

① Fat FIRE

② Lean FIRE

③ Barista FIRE

④ Coast FIRE

① Fat FIRE(ファットファイアー)について

Fatという言葉は「太った」というのが一般的な意味ですが、

「豊かな」とか「儲かる」という意味もあります。

つまり、贅沢も許容しながら、資産所得のみの収入で生活するパターンです。

リタイアしても生活の質を下げることなく豊かに暮らすことができます。

これが一番理想的な形ですね。

しかし、これを達成するには当然、多額の資産が必要となります。

どれくらいの贅沢をするかにもよりますが、

月に30万円(年間360万円)の支出があるなら、

360万円×25=9000万円

月に40万円(年間480万円)の支出があるなら、

480万円×25=12000万円

の資産が必要になります。

今は非現実的すぎて、天文学的な数字に見えます。

凡人にはほど遠い道のりですね。

達成できた人がうらやましい限りです・・・。

② Lean FIRE(リーンファイアー)について

Leanという言葉は「やせた」とか「引き締まった」という意味です。

つまり、質素倹約をして支出を減らしながら、資産所得のみで生活するパターンです。

Fat FIREの贅沢はできない版といった感じです。

ただ、会社や仕事に縛られることのない時間的な自由が手に入ります。

その手に入れた時間で自分が人生でやりたいことをすることができます。

精神的に豊かな生活は手に入るかもしれません。

ちなみにアメリカで一般的なスタイルはこのLean Fireだそうです。

支出の最適化を行い、余ったお金をインデックス投資に回して資産運用を行うことで、

達成することができ、再現性が高いと言われています。

正しくやれば、凡人でも達成できるのではないかと思います。

例えば、月に15万円(年間180万円)の支出があるなら、

180万円×25=4500万円

月に20万円(年間240万円)の支出があるなら、

240万円×25=6000万円

の資産が必要になります。

大きな金額であることには変わりはありませんが、

Fat FIREよりも達成のイメージが掴みやすいのではないかと思います。

ちなみに、月10万円を年利6%で20年間積み立てると、4620万円となり、

達成することができます。

Barista FIREについて

Baristaとは「カフェでコーヒーを入れる人」のことを指します。

これは実際にコーヒーを入れるとかそういうことではありません。

当然ですが・・・。

生活費を資産所得のみでまかなうのではなく、

資産所得+労働収入で生活するパターンです。

日本では「セミリタイア」とか「サイドFIRE」とか言われたりします。

このBarista FIREの良いところは2つあって、

  • 仕事のペースをコントロールできること
  • さらに少ない資産所得でFIREを達成できること

だと思っています。

最近、「選択的週休3日制」の導入が政府でも議論されていますが、

少しの労働である程度稼ぎながら、自分の時間も確保することができます。

例えば、月に20万円(年間240万円)の支出のうち、

半分の10万円(年間120万円)を労働収入でまかなうとすれば、

120万円×25=3000万円

月に30万円(年間360万円)の支出のうち、

半分の15万円(年間180万円)を労働収入でまかなうとすれば、

180万円×25=4500万円

の資産が必要になります。

Lean FIREと比べても、さらに達成に近づくのではないでしょうか?

仮に、副業を始めてそれが軌道にのれば、十分に達成可能ではないかと思います。

④ Coast FIRE(コーストファイアー)について

Coastとは「海岸」という意味があります。

おそらく、ゆったりと暮らすということを表しているのだと思われます。

こちらは生活費を資産所得のみでまかなうことができる状態でありながら、

あえて働くというパターンです。

自分が本当にやりたい仕事であったり、社会とのつながりを保つことであったり、

使命感のようなものもあるかもしれません。

いずれにせよ、普通に働いている人と比べると、

リラックスして働けるので、ほとんどストレスフリーなのではないかと思います。

嫌であれば、辞めることもできますからね。

まとめ
  • FIREにはFat FIRE,Lean FIRE,Barista FIRE,Coast FIREの4つがある。
  • 目的は豊かな生活を手に入れて、人生を楽しむこと

私自身は、まずはBarista FIREを目指していきます。

いずれは、Coast FIREになるのか、Lean FIREになるのかわかりませんが、

そのときの自分が望む形を実現したいです。

みなさんも自分に合ったFIREの形を見つけて、

豊かな生活を手に入れるために一緒に頑張っていきましょう!

それでは、また!