【FIRE達成マニュアル②】支出を最適化しよう

こんにちは!ドラゴンです!

FIREを達成するためには、

  • 支出を減らす
  • 収入を増やす
  • 資産を買う

上記3つを資産からの所得が支出が上回る日まで、

愚直に続けることです。

とは言っても何から始めればいいのー?

という疑問に答えるべく、

今回は始めの第一歩としてとるべき行動である「支出最適化」について解説します。

この記事でわかること
  • FIRE達成に向けてとるべき最初の行動
  • 結果が出やすい支出最適化について
  • 支出最適化のもたらす効果
読んでほしい人
  • FIREを目指している人
  • FIRE達成に向けて、何から始めればよいかについて知りたい人

支出最適化をして固定費を減らそう

凡人がFIRE達成に向けて最初にやるべきことは「支出最適化」、

すなわち固定費の見直しです。

固定費というのは家賃や光熱費、保険代といった毎月必ずかかるお金のことです。

これらを見直すことで、月数万円の節約ができたりします。

仮に月3万円支出を減らすことができたとしたら、

それは月3万円収入が増えたのと同じだけの効果があります

ちなみに月3万円を資産所得から得ようとすると約1000万円の資産が必要になります。

つまり、月3万円の支出最適化は1000万円の価値があるということです。

飛躍しすぎでしょうか・・・。

でも、固定費の削減にはこれだけ大きな効果があるのです。

しかも、これはやれば誰でも結果が出る方法なので、

再現性がありますし、モチベーションアップにもつながります。

なので、FIRE達成を目指すと決めた人が最初にやって欲しいことは「支出最適化」だというわけです。

見直すべき固定費とは?

見直すと効果が出やすい固定費について紹介します。

  1. 保険
  2. 光熱費
  3. インターネット
  4. 携帯電話

① 保険

保険料の見直しってしたことありますか?

テレビCMとかはもっとさらに保険を買わせるための見直しを進めてきますが、

私は不要な保険を解約して、固定費を削減しました。

病気をしてしまったらどうしますか?

入院や手術で多額の医療費がかかりますよ?

民間保険を販売する企業は、あの手この手で私たちの不安を煽ってきます。

ある意味商売上手ですよね。

あなたの不安を解決しますよー

みたいな感じで。

ですが、日本は国民皆保険制度であり、しっかりとした社会保険制度が整っています。

病気やけが、失業、老齢、死亡などで金銭的に困ることがないように最低限の補償はしてくれます。

民間保険はそれにプラスアルファという形で入るものなのですが、

入りすぎている人が多いというのが、現状なのです。

社会保険制度の中身を理解することで、適切に民間保険と付き合うことができますし、

そこまでの補償はいらないかなと思えば、解約に踏み切ることもできます。

それでも、最初はなかなか不安には勝てなくて、

万が一病気とかしても大丈夫かな?

とか思ったんですけど、具体的にかかる金額をシミュレーションしたり、

社会保険の内容を勉強したりするうちに解約に踏み切れました。

ちなみに、私がこれで削減できた固定費は約2万円です。

今思えば、入りすぎでしたね(笑)

② 光熱費

2016年に電力の自由化に伴って、

契約する電力会社を自分で自由に選ぶことができるようになりました。

電気の使用量や多く使う時間帯にもよりますが、

こちらもシミュレーションすることで、

より安い電力会社を選ぶことができます。

最初は面倒臭いのですが、一度やることで

毎月ず~っと安くなるのであれば、見直す価値ありですよね。

まだやっていないという人はぜひオススメの方法です。

ただ、私の場合はこれに関してはまだできていません。

楽天でんきにしようかと考えていたところ、

改悪があったので、そのままになっています。

③ インターネット

楽天ひかりの1年無料キャンペーンに申し込みました。

それまでは月5300円かかっていましたが、今は0円です。

ただ、2年目以降は月4180円かかってきます。

とりあえず、1年間は月5000円の固定費の削減になりました

④ 携帯電話

大手3キャリアによる高額な携帯電話料金に風穴を開けた楽天モバイル。

電波がつながりにくい等のクチコミもありましたが、

通信品質も徐々に改善されているとのこと。

何より、1年無料のキャンペーン(令和3年4月終了)は魅力的でした。

今から新規申し込みの場合でも、3ヶ月は無料になります。

そして、iPhoneを扱い出したのも大きな魅力です。

楽天でよくお買い物をする人は

SPU(スーパーポイントアッププログラム)も+1倍になるので、

一度検討してみる価値はあると思います。

私は今は楽天モバイルを使っているのですが、

その前にはBIGLOBEモバイルを使っていました。

BIGLOBEモバイルはスマホとセットで申し込むと、

ポイント還元をやっていたので、それでSIMフリーのiPhoneSEを

ゲットしました。

また、使っている間も、エンタメフリーオプションという

YouTubeなどの動画や音楽の通信量がノーカウントになるサービスが

ついていたので、とても快適でした。

楽天のSPUのことを考えて、楽天モバイルにしましたが、

今後も改悪が続くようであれば、

またBIGLOBEモバイルに戻るかもしれません。

従来通りの大手3社のプランを使っている方は、

格安SIMに変えることで、固定費を大幅に削減することができます。

通信品質等が不安な人は大手3社も、

「ahamo」「LINEMO」「povo」という

新料金プランを発表したので、そちらに乗り換えるのも一つです。

いずれにせよ、毎月かかってくるものなので、

安くて良質なプランに変更することをおすすめします。

ちなみに私がこれで削減できた固定費は約7000円です。

まとめ
  • 月3万円の支出最適化は1000万円の価値がある。
  • 保険、光熱費、インターネット、携帯電話の固定費の削減から始めよう。

私自身はこれらを見直して、月3万円以上の固定費の削減に成功しました。

年間で考えると、36万円。

この浮いたお金をさらに投資に回して、

年利5%で20年運用したとしたら、1233万円になります。

これは無視できない金額ですね。

もし、よろしければ、ぜひ参考にしてみてください。

それでは、また!