【支出最適化】携帯電話を格安SIMに乗り換え

こんにちは!ドラゴンです!

FIREに向けて行動中の30代サラリーマンです。

資産所得>支出」を達成するためには、

  1. 支出を減らす
  2. 収入を増やす
  3. 資産を買う

というシンプルなことを繰り返すことが大切です。

①~③を同時に進めていくことで、資産拡大が加速していきます。

とは言え、いきなり③というわけにもいきません。

①と②の両輪を回して種銭を作る必要があります。

ちなみに①と②のうち、取り組みやすいのは②の支出を減らすことだと思っています。

目に見えて結果が出るし、モチベーションも上がります。

仮に1万円を投資に回したいと考えたとします。

このとき、1万円を捻出するために、

今よりも1万円収入を増やすことと1万円支出を減らすことは、

どちらも同じことなのです。

1万円収入を増やすよりも、1万円支出を減らすことの方が、

簡単に取り組むことができると思います。

私自身は支出を減らすために、固定費の削減から取り組み始めました。

携帯電話を豪華キャストがCMで昔話を演じる(?)某大手会社から

格安SIMに乗り換えたのですが、乗り換える際には、

圏外が増えたりするのかなあ?

通信速度が遅すぎたらどうしようー

と不安に思って、いろいろと調べていました。

もしかしたら、同じように

実際のとこ、どうなんだろう?

と疑問に思っている人もいるかと思います。

そこで今回は、乗り換えた結果どうだったか、

電波や通信速度について、包み隠さずに紹介します。

この記事でわかること
  • 格安SIMを利用したときにかかる金額
  • 電波や通信速度について
読んでほしい人
  • FIREを目指している人
  • 格安SIMに乗り換えるかどうか迷っている人
  • 乗り換え方について知りたい人

格安SIMに乗り換えて支出最適化できた金額

今まで何の疑いもなく大手キャリアの携帯電話を使っていました。

と言っても、特に選択肢も多くなく、

3つの中からどれを選ぼうという感じでしかなかったと思います。

2020年9月に迷いや戸惑いもありながら、

ついに決意し、

とりあえず、やってみるか!

ということで、格安SIMデビューしました。

いろいろと調べた末に、

BIGLOBEモバイルにしようということで、

ケーズデンキへ。

 BIGLOBEモバイルなら最初の1年間は月額700円で使用できます。

1年後も月額1200円しかかかりません。

ちなみにネット回線がビッグローブ光はさらに200円安くなります。

たまたまビッグローブ光を使用していたため、

月額500円になりました。

大手キャリアの携帯を使っているときは、

月額7000円かかっていたことを考えると、

これだけで月に6500円の節約に成功したことになります

これは無視できない額ですよね。

固定費はずっとかかってくるものなので、

下げられるなら下げるに越したことはありません。

電波や通信速度について

ただ、電波や通信速度について心配する声も多いと思います。

それについて、半年間使用してみた感想をお伝えします。

まず、電波について…

これは特に問題はありません。

生活圏の中で、圏外になったりということはありませんし、

何ら不自由を感じることはありませんでした。

次に通信速度について…

こちらに関しては、時間によって繋がりにくい時間帯があります。

特にお昼時や夕方なんかは、非常に遅く感じました。

昼休みや夕方の仕事終わりなどは多くの人が利用する時間帯です。

そういう時間帯は、例えば検索エンジンで検索したときに

表示されるまでの時間が普段の2~3倍ほどかかるイメージです。

ちなみにその他の時間帯は特にストレスに感じることはありませんでした。

これをどう捉えるかだと思いますが、

私自身はその時間帯の高速化に月額プラス6000円を払うかと

問われれば、ノーという感じです。

ある程度の時間はかかりますが、全く繋がらないというわけではないので、

値段を考えるとその辺りは致し方ないのかなと思っています。

乗り換える方法は?

携帯電話を乗り換えるのは少し面倒ではありますが、難しくはありません。

その手順を紹介します。

  1. SIMロック解除をする
  2. 現在契約している会社に連絡して、MNP予約番号を取得する
  3. 乗り換えたい携帯電話会社に申し込みをする
  4. SIMカードを差し替える
  5. 開通手続きを行う

① SIMロックを解除する

SIMロックというのは携帯電話会社が機種を他社で使われないように

かけている制限のことです。

携帯電話会社に連絡すると解除することができます。

長い間を機種を使っていると、すでにロックが解除されていたりもします。

また、これから乗り換えと同時に機種を買う場合は

SIMフリーのスマホが売っているので、そちらがおすすめです。

同じスマホを長く使っていると、

SIMロックがすでに解除されていることもあります。

② 現在契約している会社に連絡して、MNP予約番号を取得する

MNPは携帯電話の番号を変えずに、電話会社を乗り越えられる制度です。

電話番号が変わってしまうと、連絡とかいちいち面倒ですよね?

でも、これがあれば、他社に乗り換えても、

番号が変わらなくて済みます。

ただし、有料です。

注意点は発行してから乗り換えまでの期間が決まっていることです。

乗り換え先を決めてから、MNPを発行するようにしましょう。

③ 乗り換えたい携帯電話会社に申し込みをする

あとは申し込みをすればOKです。

店頭でもWEBでも同じです。

申し込みの際にMNP番号を聞かれるので、

有効期限の残っているMNPを伝えれば大丈夫です。

④ SIMカードを差し替える

店頭であれば、すぐに差し替えができます。

WEBで申し込みをした場合、郵送で送られてくるので、

届き次第、差し替えを行いましょう。

⑤ 開通手続きを行う

開通手続きは新しく契約した会社から案内があるので、

それに従えばOKです。

まとめ

  • 格安SIMに乗り換えると、月数千円の節約ができる。
  • 電波や通信速度で劣る部分が多少はあるものの、日常使いでは気にならないレベル
  • MNPを使えば、携帯電話の番号は変わらない。

固定費を下げるは、取り組み始めるのが早ければ早いほど、

効果大きいです。

下げれるところから下げていきましょう。

固定費は下がったけれども、

生活満足度はさほど下がっていないというようなものがおすすめです。

もし、よろしければ、ぜひ参考にしてみてください。

それでは、また!