「マネーマシン」を作ろう!

FIREに向けて、不労所得を得るために何から始めていけばよいかについて解説します。

 

この記事でわかること

・マネーマシンの作り方

・何をどうやって買えばいいの?

 

読んでほしい人

・マネーマシンの作り方ついて知りたい人

・何から始めればよいのかについて知りたい人

 

マネーマシンの作り方

FIREを達成するために、資産所得>支出」の状態にすることが重要です。

 

くわしくはこちらの記事

という記事で紹介しています。

 

資産所得を得るためには、「マネーマシン」を組み立てる必要があります。

何からやればいいのか?

ざっくりいうと下の4つの手順になります。

①証券会社に口座を開設する

②口座に入金する

③株や投資信託、債券を買う

④配当金や利子を受け取る

1つずつ解説していきます。

 

①証券会社に口座を開設する

まずは、株や債券、投資信託を購入するための口座が必要になります。

おすすめの証券会社はネット証券の「楽天証券」か「SBI証券」です。

どちらも優れた証券会社であり、どちらを選んでも大差はありません。

ちなみに私は、楽天ポイントで投資もできる楽天証券に口座を開設しています。

 

②口座に入金する

口座にお金を入金します。

楽天証券を使う場合は、同時に「楽天銀行」の口座も開設しておきましょう。

 

「マネーブリッジ」という楽天証券口座と楽天銀行口座の連携ができ、

6つのお得な制度

①優遇金利

②自動入出金(スイープ)

③ハッピープログラム

④残高表示サービス

⑤投資あんしんサービス

⑥らくらく入出金

を利用することができます。

 

楽天証券の口座に入金していなくても、楽天銀行の口座に入金しておけば、

株などを購入する際に自動で入出金してくれてとても便利です。

 

③株や債券、投資信託を買う

これで、株でも債券でも投資信託でも買うことができます。

投資信託というのは、私たち投資家から集めたお金を運用のプロが株式や債券などに投資・運用する金融商品になります。

インデックスファンドや高配当株、成長株、バリュー株・・・

様々な投資手法があり、どれが正解でどれが間違いということではありません。

それぞれで成果を出している人がいます。

 

「そんなの決められないよ~」という初心者は、

まずは「インデックスファンド」を積み立てで買うことをおすすめします。

インデックスファンドとは、各種指数(インデックス)に連動する運用成果を目指す投資信託です。

 

ニュースとかで、

「今日の日経平均は~・・・」

とか

「TOPIXは~」

とか聞いたことがありませんか?

 

要は市場平均を目指すということです。

平均が上がれば上がるし、下がれば下がるという感じです。

「えっ!?下がることもあるの~?」って思いますよね。

もちろん投資なので、一時的には下がることもあります。

でも、長期的に見れば、上がっていきます。

それは世界がどんどんと発展していっているからです。

 

昔と比べて、身の回りには便利なもの物やサービスが増えました。

もちろん今後もきっと、さらに増えていくと思います。

新しい物を開発する人がいて、新しいサービスを提供する人がいます。

もちろんそれを利用する人がいます。

こうして経済は発展していくわけです。

 

つまり、長期で世界中の企業に投資すれば、

その発展の恩恵にあやかることができるというわけです。

 

また、月々に定額で積み立てていけば、

株価が下がったときにはたくさん購入することができます。

いずれ上がったときに、下がったときに購入した分が大きな効果を発揮するのです。

 

世界中の企業にまるっと投資するファンドは

・楽天・全世界株式インデックス・ファンド

 

・eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)

などがあります。

 

④配当金や利子を受け取る

上記で紹介した投資信託ですが、実は配当金は自動で再投資に回されるため、

売らない限り手にすることはできません。

ただ、長期的には上がっていくということを前提とすれば、

買ったときよりも高い値段で売ることができます。

 

 

このような手順で積み立てをしていけば、投資額はどんどんと膨らんでいきます。

まさに、マネーマシンというわけです。

FIRE達成に向けて、「マネーマシン」を大切に育てていきましょう。

 

それでは、また!